2013年11月29日金曜日

【特集】内外薬品株式会社のデザイン


スタンダード。ケロリン伝説。



香る漢方感。


一昔前の抗鬱剤っぽいデザイン。香るアシッドサイケ臭。



香る一昔前のアナログシンセ臭。






そしてもちろんおなじみのケロリングッズ

ド定番


バスマット。これは欲しい。

スリッパも新登場





























2013年11月22日金曜日

【特集】哀愁の音楽を聴こう


Killer Smells / Rabo De Galo

死ぬほど切ない




Knx. - makemoney

ピアノ切ないし、言ってることもある意味超切ない








みんなが口をそろえて「夏が終わる感じがする」と泣く












写写丸くん



写真週刊誌FLASHのマスコットキャラ「写写丸」が僕凄く好きなんですね。
でも、この子、全然前に出てこないんですよ。
下手すりゃ毎週FLASH買ってる人でも「こんな奴いんの?」ってなりそう。

でもこの見た目、最高でしょ。
恐らく隠し撮りをイメージして忍びの忍者にしてるんでしょうけど
このギンギンのお目目ね。完全なる不審者。もしくは変質者?忍者コスの異常性欲者?
でも可愛いから不思議。

ちなみに写真週刊誌FLASHはなぜか30歳未満の女には「クン」付け、30歳以上の女には「サン」付けという謎の法則を絶対崩さないが、他に「クン」付けしてるのは、エロ動画サイト「乳動画」がAV女優に必ず「クン」付けをしてるなってふと思った。動画のタイトルが必ず「○○クンの…」になってるんだよね。だから動画一覧で見ると

・佐山愛クンの…
・JULIAクンの…
・尾上若葉クンの…

みたいな感じになるんだけどクンのクンのうっせえ!ってなってなんかそれが凄く好きなんだよねっていう。ごめんなさい本当にどうでもいい話です。

【特集】プレイステーション~1990年の特殊ソフト遺産~①

「お前いっつも変なゲームやってんな」と従兄に言われたのは小学校低学年の時でありました。
僕はその時はひたすら「クレイマンクレイマン2」「エイブ・ア・ゴーゴー」「TIZ」「戦国サイバー藤丸地獄変」を順繰りに毎日プレイしていたのですが、そんなマイナーゲームばかり好んでプレイする僕を従兄や友人は奇異の目で見ていたように思います。その頃、みんながやってたのはドラクエ、FF、パワプロ君、ロボット大戦あたりでしょうか。そういうゲームどもには本当に興味すら湧きませんでした。

それから15年


今でもプレステの地味ゲー、マイナーゲーがオイラ大好きなんムー。
ということで今回は初期プレステの、今では考えられないようなよくこれが売れると思ったよね的なゲームを愛を込めて紹介するムー。





「おーちゃんのお絵かきロジック」(1995)

ロジックパズルをプレステゲームにしちゃったやつ。
所謂「紙でできるやん系」パズルゲーム。
小学1年生のォレはロジックパズルの概念が理解できず結局1ステージもクリアすることができず、
ただ感性の赴くままにマスを黒く塗りつぶすというラディカルな遊び方で楽しんでいた。そしてこのおーちゃん、声が可愛い。プレイ中、マスを黒く塗りつぶすと、なんともイタイケな声で画面端のおーちゃんが「ぬりぬ~り♪」とあえぐのだが、その過剰なアニメ声に当時7歳の僕ですらなんだか恥ずかしい気分になったものである。




「The 鬼退治 ~目指せ!二代目桃太郎~」(1995)

桃太郎をモチーフにしたすごろくボードゲーム。
柿太郎、栗太郎、(あと二つ忘れた)、の4人の劣化版桃太郎が二代目桃太郎を目指し鬼退治に行くという内容。なんかすごく面白そうなのだが、実際は淡々と鬼をぶち殺しながらすごろくをしていくという、なかなかハードコア&ミニマルな内容。
行く手を阻む赤鬼や青鬼や緑鬼をサイコロで出た目の回数殴り、殺して先へ進む。そのあまりに淡々と進む野良鬼の殺処分は、「あれ?俺、保健所の職員?」という錯覚が起きるほど。そして、ゲームをずっとプレイしてるうちに「…そういえば、なんで鬼、鬼ヶ島からガンガン出てきてるんだ?」という余計なことを考え始めてしまうのだ。



「ウルトラマンインベーダー」(1995)

普通のインベーダーゲームなのだがキャラクターがウルトラマンに。ウルトラマン大好き男の子だった僕大喜びなゲームである。もちろんインベーダー役はお馴染みの怪獣たちがやってくれているのだが、無機質に並んでこちらに迫りくる怪獣どもの姿は悪夢そのもの。


無表情でジワジワと迫ってくる侵略者たち。普通に考えれば3分で全滅させるのは不可能。

さらに怪獣編隊の後ろに物凄いスピードで通り過ぎながらビームを打ってくる奴が居たような気がするのだが、そのスピードが速すぎて最後の最後まで本当に誰だか分からないというしこりの残る演出も。色味的にウルトラの父…?と勘ぐってしまうのだが、そんな裏切り、信じたくない。




今日はこの3本、後日に続く。続編はポリネシアンオナニー(※)でもしながら待っていてくれ!


ポリネシアンセックスのオナニーバージョン。
物凄くゆっくりねっとりと半日かけてシコる。



































2013年11月20日水曜日

you tubeで見れたおっぱい、まんこ、そしてちんちん

「生活してるとこが想像できない」「生活感感じない」って言われた人はなんであんなに嬉しそうにそれを言うかね?「私、よく生活感が無いって言われるんですよね~」みたいなね。うっせぇっつのな。いつまでロマンチストだよ。そういう奴見てると「フワフワしてんじゃねえよ!」って思うけどね。


さて世界2大「映画から無断で映像引っ張ってきてただそれをつなぎ合わせるだけのPVを作るアーティスト」といえばHASAMI groupと18+なわけですが、たまたま18+のPVを探そうとyou tubeで検索したらボロボロと18禁の動画が出てくるんですよ。「あれ?you tubeでオッパイ出ててよかったんだっけ?」とか思いながらもついつい色々見ちゃって、特に嬉しかったのが下北グローリーデイズが全話揃ってたことかな。見ちゃうよね。

関連動画に成人映画とか出てくるからまぁ見ちゃったりなんかして、そのままどんどん奥へ奥へとハマっていくととうとう




知らない世界に来ちゃった



1:25~  雨の中で全裸でオナニーする男
5:35~  地球とセックスする男
7:55~  (この光景を形容する日本語の文章が浮かびませんでした)
10:25~  ちんこを無言で露出する5人の男(一瞬、静止画なのかと不安になるが、注意してみるとちんこだけどんどん萎えて下がっているので動画であることが分かる。)


っていうね。ただそれだけの記事でした。





2013年11月17日日曜日

T.O.P - DOOM DADA

BIG BANGのメンバーT.O.Pのソロ新曲「DOOM DADA」のMVが良かった。
韓国はあまり好きではないんだけど、このMVはいい感じにダークで気持ち悪くて素敵です。
雰囲気とかはMykki BlancoやZebra Katzのやってることの多分丸パクりなんですけど、それをもっと分かりやすくした感じ。
誰かが芸術性や前衛性も高いものを生み出した人がいたとして、
そうすると必ずそれをパクって、もっと分かりやすくリアレンジして大衆に提示するする人が出てくるわけで、まぁ歴史から見て大体ポピュラリティを得るのは二人目の方で、一人目は専門家とか一部のマニアの熱狂的支持を受け続けていくわけですが、僕としてはこういう流れは仲良く二つでセットだと半ばあきらめに近い思いもありますし、それでいいのだとも思ってます。
そもそも、今更誰も韓国にオリジナリティなんて期待してないでしょう。という爆弾一個放り込んどいたとこで。


オススメシーンはT.O.Pと奇妙なデカ顔の赤子がサイドカーで走ってるシーン。
キモいです。



2013年11月12日火曜日

【超大特集】Chic-A-Go-Go

世界一狂っている歌番組「Chic-A-Go-Go」を知っているだろうか。


【Chic-A-Go-Goって何?】
・アメリカのケーブルテレビで放送されている子供向けの歌番組である。

・ゲストのミュージシャンのライブが主であるが、後ろにたくさんの一般人の子供が参加できるのが特徴

・しかし、何故か高確率で普通の大人も紛れ込んでいるし、その大人たちがどう考えても障がい者・ヤク中・不審者・奇人変人にしか見えない。そんな人たちがよく映りこむ。


・また何故か100%口パク主義で、ミュージシャンも実際に演奏してない。そのため、ミュージシャンもやる気が無く適当に弾いてるフリや歌っているフリをしている。もはやその「フリ」すらも放棄し、好き勝手やるミュージシャンも続出。

・そんなミュージシャン/気ままにふるまう子供たち/キチガイにしか見えない大人たち が三位一体になって地獄のような光景を映し出す、それがChic A Go Goである。


・子供向けと謳っているが実際はかなり上級者向けで狂気の地獄のような光景も頻発。


今日はそんな地獄を何個かピックアップしてみたいと思う。



【No Bunny】地獄度 ★★★☆☆ 

うさぎの仮面を被った不気味な男がキチガイのように笑い歌い、後ろではたくさんの不審者と子供思い思いに体を揺らす。Chic A Go Goの基本系の形である。後ろには老人も居る。とても楽しそうだ。




【MAGAS】 地獄度 ★★★★★★


(斬新すぎるバンド「MAGAS」)
・まず楽器を持っていない
・どう見てもただのオッサン一人にしか見えない
・0:34の「アァ~」が凄い
・1:26~ とうとう口パクすら放棄。奇妙な体制で歯を食いしばりながら必死にリズムをとり続ける。
・2:58~の男の子の表情は映しちゃいけないやつ




【Scissor Girls】 地獄度 ★★★★★

・0:29~  ただ無表情でこちらを見つめている男が怖すぎる
・太鼓を叩かされてる女の子の表情が結構ヤバい
・いつもはダンスを楽しんでいるはずの不審者たちが結構疲れて座っちゃってる
・1:57~ 何故そこにズームしたのか?





【PLACK BLAGUE】 地獄度 ★★★★★


(もはや音楽というより、掛け声?)
・全編通してひたすら拳を突き上げながら同じ言葉を連呼するのみ
・3:44~ 死んじゃった。




【MONOTRONA】地獄度 ★★★★★★★★★


・本当に不審者と子供しか居ない
・全員のダンスが漏れなくヤバい
・0:38~ 歌詞をひたすら持たされ続ける黒人の少年。









The Whispers - Keep On Lovin' Me

The Whispersの名曲ミュージックビデオを紹介。






2013年11月11日月曜日

【こんにちは】ディオールの香水のCMがいい感じな件

こんにちは。

オイラは香水とか嫌いだし
「ディオール」とかいうワードを聞くだけで虫唾が走りまくっちゃう
ハイファッションコンプレックス糞野郎なんだけども

このCMは凄く素敵だった。
曲がとても良い。

海外のCMかな。




ギターの音がサイレンみたいでいいなーって思っちゃった