2014年12月25日木曜日

【今年を総括】 今年痺れたテキスト大賞2014

どうも。こんにちは。
生きてる人、生人(いきびと)です。 

今年もこの季節がやってきました。
「今年痺れたテキスト大賞」は、今年グッときたネット上の文章のベスト10です。
前年のベスト10は以下でした。
  【今年を総括】今年痺れたテキスト大賞2013

10 両親不在のクリスマス
9 全国ランキング
8 チャック・ノリス伝説
7 歌い手
6 サマージャンボ宝くじ
5 デリヘルでショートコント100連発
4 「アンタお寿司屋さんか?」
3 カーチャンありがとう
2 ブルドッグが描かれたTシャツ
1 ボトルアクアリウムやりたいお

今年の1位は何かな?それではスタート!!




  【第10位】 
 大学時代一人暮らししながらネコ飼ってた
就職してずっとネコは実家に預けて殆ど忘れていたんだけど、ある晩何故かそのネコの夢を見た 夢の中で俺に甘えてくるネコを撫でながら、こいつ最後のお別れに来てくれたんだな、と急に気が付いて 「今までありがとうな」って泣きながら別れの挨拶をした

翌朝実家に電話したらそのネコ全然元気だった。



通称「実家の猫」。2008年初出の傑作コピペ。 「感動→裏切り→一安心」という緊張と緩和をさらに発展させた流れが見事。 良い話かと見せかけておいて、何も良い話じゃなかったんだけど、それが一番安心の結末だった。




【第9位】

【朗報】ジャスティンビーバー、ヒグマを撃退する

ロシアの42歳の漁師Lgor Vorozhbitsynさんが釣りへ行く途中、ヒグマに襲われた。ヒグマに顔と胸を引っかかれ、死を覚悟した時に携帯電話が鳴り出した。
着信音に設定されたジャスティン・ビーバーの「Baby」が響き渡り、ヒグマは驚いて森へ逃げた。



珍事・珍ニュースに沸いた印象のある2014年だったが、その中でも、密かにトップクラスの狂気を放っていたニュース記事がランクイン。 誇張され大げさに伝えられるジャスティンのカリスマ性がついに、彼と全く関係ない場所でも発揮された。ジャスティンが地球を救う日も近い?







【第8位】

健康ランドの露天風呂の竹壁が倒れて女風呂が丸見えになった
駐車場にいた俺と積み下ろししてたおっさんとイカついにいちゃんがそれを目撃したわけだが
その時露天風呂にはオバさんオバーさんしかいなかった

オバさんが「キャー!みないでぇ!」だの喚いてたら

積み下ろしのおっさんが「フンッw」って鼻で笑って車に乗ってった
それにつられてイカついにいちゃん「グロみせんなよ」と一言、健康ランドへ消えてった
締めを任された俺は「まるで贅肉のバーゲンセールだな」と一言残し家路についた

あの時の3人には何か見えない絆で結ばれていたのだと思う


こちらも2ちゃんねるの傑作コピペ。まず単純に、1人ずつ何か言って去っていくというシチュエーション、その一言がどんどん気の利いたことを言わなければならない感じになっていくそのプロセスが面白い。偶然にも3段落ちの最後を担う役割を任されることとなった彼が苦し紛れに何かうまいことを言おうとしてひねり出した一言の、切れ味の悪さは圧巻。うまいことを言えているのか言えていないのか少し考えただけでは判断がつかないこの絶妙な微妙さ。しかし、最後の一文から彼自体は「決まった!」と思い込んでいることも伺え、さらに面白い。深く考えるほど、笑いどころが存分に用意されている秀逸なコピペ。





【第7位】
ゆとりの根性を叩き直す学習塾を設立したいんだが?

1: 名無しさん 2014/03/31(月)15:18:46 ID:FdOltret2
 全寮制でみんなすれ違う時は腰を130度曲げて深々と挨拶
 ゆとり 「どうもこんにちは!」
 俺 「こんにちは!元気な挨拶はいいですね!」
 ゆとり 「はい!そうですね!」
 こんな塾にしたいんだが??


6: 名無しさん 2014/03/31(月)15:23:14 ID:FdOltret2
 俺 「農家のおじいさん!!」
 ゆとり 「おばあさん!!」
 俺 「おいしいお米を」
 全員 「ありがとうございます!!」
 ゆとり 「手をあわせて!!!」
 全員 「いただきます!!」
 みたいな感じでご飯食べたいんだが?


11: 名無しさん 2014/03/31(月)15:25:58 ID:foqNEf2Rw
 130度“に”曲げるんじゃないの?
 130度も曲げたらそれはもう敬ってなくない?


17: 名無しさん 2014/03/31(月)15:28:55 ID:FdOltret2
 »11
 おまえみたいな賢い奴は入学できなくするよ


36: 名無しさん 2014/03/31(月)15:39:30 ID:DB4DHSCpG
 つかさ130度も体曲がんないんだけどストレッチでもすんの?


39: 名無しさん 2014/03/31(月)15:40:09 ID:FdOltret2
»36
 おまえみたいな賢い奴は入学できないから安心しとけ



今年の3月にVIP板に立てられた驚異のスレ。通称「ゆとり塾」。
このご時世に何故か、バリバリの軍隊主義を推し進めようとしている>>1の主張も面白いが、その言葉の端端に独特の面白さが醸し出されている。「~だが?」で語尾を統一させていることや、塾長を務める>>1の謎の元気、幼稚園のようになってしまっている給食の挨拶など、>>1が相当高度な笑いを狙っていることが伺える。この面白さが理解できないクズどもは、普通に「いまどき、そんな教育ダメだろ」的なことを言ったり、全然面白くない部分に引っかかっているが、そういう低能をあえて「賢い奴」と呼び、冷静に対処する>>1の技量が素晴らしい。100点満点の対応だ。
同じことを指摘されれば、動じずに同じ返しをする。この微妙な異様さは、極上なまでに繊細な笑いだ。



【第6位】
6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/14(金) 23:05:22.29 ID:K1r3Js/B0
俺が書こうか?面白さは保証する………「かもよ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/14(金) 23:05:56.14 ID:nesMkSaq0
»6
書いて書いて展開は好きにしていいから

8 名前:書き手です。。。 :2014/02/14(金) 23:07:08.39 ID:K1r3Js/B0
じゃあ書きます。
浮気系ヤンデレでいきやす

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/14(金) 23:09:32.02 ID:E5+HQl/+0
»8
そのコテきもいからやらんでいいわ氏ね

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/14(金) 23:13:41.37 ID:nesMkSaq0
頼んどいて悪い、俺気分悪くなってきたから寝るわ、吐き気がヤバい…




いわゆる「くぅ疲系」と呼ばれるSSの書き手系のコピペには凄まじい文章が多い。毎年、狂気的な痛さと寒さが渦巻いた傑作が多く生みだされるジャンルである。そのような文章群から、今年はさらに一歩先へ進んだ作品が生み出された。

この文章には圧倒的な「理不尽」が存在している。

前半、「書いて」とせがまれていて、割と得意気になっているSSの書き手。しかし、名前を変えた瞬間に別の人にキツい一言をかけられ、さらに頼んだ張本人からも「やっぱ書かなくていいよ」という追い打ちがかけられるという、唐突に奈落へと突き落とされ、さらに落ちた死体にさらに落石が直撃するかのような素晴らしい構成。

「頼んどいて悪い、俺気分悪くなってきたから寝るわ、吐き気がヤバい…」

この文章から発せられるなんとも言えない魅力。SSの書き手の「かもよ」という独特の口調や「書き手です。。。」という気持ち悪い名前、誰もが感じていた微かな不快感を解消するかのごとく、悪気の全くない病人が書き手を理不尽へと突き落す。最後の一文はまさに極限まで完成されたレスであり、ここからは一文字の増減も許されない。





【第5位】

童貞を捨てても何も変わらない、たいしたことないという言説が主流を占めているが、俺に関しては当てはまらなかった。
25という遅い初体験を済ませて、俺は変わった。圧倒的な自信を手に入れた。
女に声をかけて、デートの約束をし、口説いて、自宅に連れてきて、セックスする。
その一連の行動を習熟することによって、俺は変わった。
それまでの俺は、女が怖かった。敵わない相手だと思っていた。女は俺の自尊心を破壊し、蹂躙してくる敵だった。
だが、童貞を捨てることによって、女は敵じゃなくなった。
今なら言える。どんな女でも、俺は相手にできる。目に見えるすべての女が、俺の抱き女(だきめ)候補だ。
年上だろうと年下だろうと、結婚してようが彼氏がいようが、関係ない。
童貞を捨てて、俺のSNSやケータイの電話帳は意味合いが変わった。そこに載っている女は抱き女(だきめ)候補リストであり、抱き女(だきめ)候補ネットワークだ。
スケジュール帳の意義も変わった。カレンダーは抱き女(だきめ)候補とのデートの予定を埋めるためのものになり、メールはLINEは抱き女(だきめ)に話しかけるためのものになった。
女が大勢いる場所に行くと、俺は身震いする。どの女を相手にしようか、誰を抱き女(だきめ)にしてやろうかと。
経験人数が増えるたびに自信の度合いは指数関数的に増大していき、今では何も怖くなくなった。
草食系男子が増えている昨今、女は有り余っているのだ。いくらでも捕まえられるのである。
そして、大学進学率が上がり、物分かりのよくなった女は、一度セックスしたくらいでこちらを束縛しなくなった。
むしろ、奔放なセックスライフを送っている方がオシャレなのだと思うようになった。
今日も女が一度きりのセックスをしたことを、自慢気にツイッターに書き込んでいる。
俺は変わった。強くなった。昔の貧弱な俺はもういなくなった。今はただ、一人でも多く良い女とセックスしたい。抱き女(だきめ)にしたい。それしかない。



「はてな匿名ダイアリー」に投稿された長文。最初は、単なる男の自分語りかに思われたこの文章。しかし、読み進めていくうちに気付く。「こいつ、"抱き女(だきめ)"というワードを使いたいだけだ!」と気づかされる。抱き女(だきめ)というワードの放つ圧倒的な面白さのせいで、途中から文章が入ってこない。もう全く内容が頭に入っていないまま読み進めていっているのに、抱き女(だきめ)と言葉が出てくるたびに、「待ってました」と狂喜する。途中から、読み手はただただ「抱き女(だきめ)」の登場を渇望するだけのマシーンと化してしまうのだ。恐ろしい文章である。






【第4位】

【吉兆】斎藤佑樹の頭上に虹色の蝶が舞い降りる

日本ハム斎藤佑樹投手(25)が2日、完全復活へ、力強く踏み出した。
キャンプ初のブルペン入り。67球を投げ、終了後には志願して計40球を追加する100球超の熱投を見せた。
右肩関節唇損傷によるリハビリで絶望のふちにいた昨年キャンプから1年後。周囲も感極まるほど、復調気配を見せ「景色が変わった」と感慨に浸った。

5カ所ある名護のブルペンのど真ん中に立った。後方には大社オーナー代行ら背広組の球団幹部。山田GM、栗山監督ら首脳陣が集結した。
26球目を投げ終えると、虹色に輝いた1羽のチョウが舞い込み、頭上で優雅に舞った。 「昨年のこの時期は投げられなかった。それを考えれば喜びは感じています」と話した。シュートもテストした。スライダー、フォークも織り交ぜる力投。女性の球団広報まで、その姿に感極まった。




「これもうわかんねえな」「神話かな」「なんか怖いぞこの記事」などの感想と共に、多くの者に衝撃を与えた日刊スポーツの伝説の記事がランクイン。斎藤佑樹の「主人公感」を出すために、フォーマルなニュース記事とは思えないほど誇張され、ストーリーチックに書かれたこの記事は、「ニュース記事とは淡々と出来事だけを記述する文章」という我々の固定概念を軽くぶち壊す。この記事から醸し出される宗教臭は多くのネット住人に波紋を巻き起こし、カオスの世界へと誘った。「七色の蝶」や球団広報の描写など、明らかに余計な記述もこちら側を混乱させまくる。もう何もかもがよく分からないこの文章、自分は最初見た時にそのあまりの意味不明さに5分ほど泣き笑いが止まらなかった。







【第3位】

最近彼女は免許を取った
何回か落ちてたからよっぽど嬉しかったらしい

今日、ふたりでランチに行ったんだけど会計のときにポイントカードを持っているか聞かれると免許証をチラッと出し、
「おっと免許証が…うふふ(*´∀`)」ってやってた



2ちゃんねるのカップル板のとある書き込み。これほどまでに短い文章で女性の可愛らしさを描いた文章はあっただろうか。少なくとも私はここまで威力のある文章は初めて見た。やはり、女性は見た目より中身であり、この仕草・行動の可愛らしさはどんな顔の可愛さをも軽々と凌駕する。





【第2位】

昨日の話なんですがお昼寝にとある蕎麦屋(駅地下にある蕎麦屋)で起きた事件。
テーブル席は満席だったのでカウンター席に座り1800円する天ぷら蕎麦屋を注文し待つ事10分。
ザルに蕎麦が盛ってありツユと海老、大葉、南瓜の天ぷら、山葵は自分で卸せるようにそのままの山葵が出てきました。
その隣に小さい入れ物に入ったお湯?みたいなのがついていたので自分は蕎麦をほぐす用のお湯かと思い蕎麦にかけてほぐしていたらそれを見ていた店員らしき人間がゲラゲラと笑いコッチを見てきました。
自分と目が合い厨房から出て来た店員はそれは蕎麦湯ですよ´´
と詳しく教えてくれたんですが明らかに笑いを堪えてるし馬鹿にした感じでした
近くにいたサラリーマンにも聞かれ笑われ物凄い恥をかき、また物凄い腹だらしくなりついキレてレジ横にあったタヌキの置物を蹴飛ばしてしまい一部がかけて警察沙汰になり店側は修理代に請求されました。

この場合は払わなければ駄目でしょうか?




Yahoo知恵袋に投稿された衝撃の質問。丁寧で大人しめの雰囲気が漂う文体で、特におかしな部分が見当たらないまま文章が続くが、終盤、唐突にタヌキの置物を蹴飛ばす質問主の姿が本当に素晴らしい。文体と行動のギャップ、蕎麦湯の間違いを指摘されてキレてタヌキの置物を蹴飛ばしてぶっ壊す質問主の姿、は想像するだけで面白すぎる。凄まじい面白さを放った稀に見る怪作テキストである。




【第1位】

動物園でチンパンジー7匹が樹木の大枝を折って「はしご」を作って脱走

8 名前:名無しさん[] 投稿日:2014/04/13(日)18:06:45 ID:ZAVd3n6dG
はじごなんか使えるのか
教育すれば忍者として使えそうだな



今年、2ちゃんねるに立てられたスレッドのタイトルとそれに対するとあるレス。ニュースの内容自体の面白さ、猿の奇妙な行動、ぬるま湯のような平穏なテンションで放たれる「教育すれば忍者として使えそうだな」という的を得てるのか突飛なのかよく分からない感想、はしごを使えることに関心するというリアクションとして正解なのか不正解なのかよく分からない食いついきどころ、はしごを何故わざわざ「はじご」と間違えてタイプしてしまうのかの謎、それら全てが共存することで生み出される徹底的な混沌・狂気・謎の平和感…全てにおいて極限までハイレベルな究極のテキスト。何から何までが噛み合っていないような、全ての言葉が夢の中にいるような、ここから放たれる美しすぎる死の匂い、あなたは感じることができるだろうか。




今回も上位2作品はレベルが高すぎて、「これ、何が面白いの?」と思う人が出てくるかもしれない。それは残念ながら、完全にその人の感性がこのテキストに追いついていないと言わざるを得ない。乱暴な言い方をしてしまえば「理解の範疇を超えてる」のだ。そのような人たちが、ネット上でこのような文章をよんでも、それが凄まじく面白い文章であることに気づかず、スルーしてしまうという現実が悔やまれる。それほど素晴らしいテキストである。

今回は書き手が特にウケを狙ってるわけではない作品が目立った。既に「狙った笑い」は時代遅れなのかもしれない。もし、我々が文章を用いて、「時代の先を行く面白さ」を提供したいなら、もう自分で書くよりも、真面目に書いている人たちの真面目な文章の中から生まれた不確定因子的な「面白」をかっぱらって、それを「究極の面白」として再提示するしかないのかもしれない。
だがそれは、逆に言えば、この世界の誰もが、今回のような素晴らしい文章を生み出す可能性を秘めているともいえ、その「面白」を我々若者が見出し、価値発掘していくのが大事なのかもしれない。
















2014年12月22日月曜日

ベストミュージックビデオ大賞 2014!! 今年素晴らしかった音楽ビデオ15選


素晴らしい!その1

The Knocks - Dreaming

個人的には今年のベストです。
とにかく美しくて、甘酸っぱくて、感動的なビデオなのでちゃんと全部見なきゃダメです。
日本のアニメ・ゲーム文化をMVに使うのは結構流行ってて
Pharrell Williams - It Girlとか話題になったりしたんですが
ほとんどは、単なる視覚効果として、もう文脈とか意味とか特になしで乱暴に使われてました。
だけど、このビデオはちゃんと「愛」っていうテーマが芯にあって、
ハートの鼓動を音ゲーのフォーマットで見せたり、自転車に乗って走り出す男女を
アクションゲームのフォーマットで見せたり、しっかりとストーリーがあって
全部に、それである意味が明確にあったので、とにかくグッときました。下手すれば泣きそうになります。
このビデオは日本のオタクカルチャーを、「敢えてのお洒落さ・インターネットサブカル感」を演出するためのアイテムとしては使ってなく、この文化特有のダサさがちゃんと咀嚼されて描かれてて、そこがとても良いです。







 
素晴らしい!その2

DZ Deathrays - Reflective Skull

このバンドのMVは毎回、バカバカしくて面白いですが、今回のこれは特にずば抜けてました。
子供の頃、パーカーを使って、誰もが一度はやったであろう「あれ」を音楽に合わせて、何人もの大人がやっています。バカですがかっこいいです。













素晴らしい!その3

Tyler the Creator's Daisy Bell - Mark Ryden - The Gay Nineties

圧倒的な気味の悪さ。洗脳されそうな、脳が本能で「ヤバい」と感じてしまう、凄いビデオです。













素晴らしい!その4

patten - Agen

これ、ただ静止画を物凄い速さで切り替えてるだけのビデオなのですが、その訳の分からないまま、脳にどんどん送られてくるイメージ映像からボンヤリと幾何学・宗教・哲学・芸術・化学・歴史が感じられるという。これ、実は画像のチョイスとか順番とか、すげぇ計算されて作ってるんじゃないかな?と思いますが。みなさんはどう思うか。集中して見ると、なかなか新しい映像体験ができるのではないでしょうか?








素晴らしい!その5

stillichimiya - Hell Train

日本人アーティストの作品です。寺山修司オマージュが嬉しいです。
日本人は流行りに影響受けやすくて、なかなか自分独自の価値を生み出せないのですが、これは今誰もやってないことをしてる感じがして良いです。






 
素晴らしい!その6

Joakim - This is my life

これは曲も面白くて、タイトルの通り、自分の半生を語るという内容なのですが、
ビデオも曲に合わせて作られています。
自分の半生をmacの画面というフォーマットで次々と見せていきます。
その展開と芸の細かさが見事で最後まで見入ってしまいます。
これはマジで「凄い」です。










素晴らしい!その7

Liars — Mess on a Mission

メンバー3人が後ずさりしていく動作をリピートしながら、背景が色んな合成映像へと切り替わっていくという、凄くシュールなビデオです。








素晴らしい!その8

BOK BOK featuring KELELA - Melba's Call

これもCG空間を巧みに使ったビデオで、黒と緑を基調にした色使いがかっこいいです。
黒い機材と密林のような自然の緑が調和してて驚きます。






素晴らしい!その9

DyE ft. Egyptian Lover - She's Bad

今年、一番お洒落だったビデオだと思います。
人物の顔や服が透過して、動物や草花と映像が代わりに差し込まれるっていうギミックが凄く良いんですが
芸が細かくて、男の人と女の人がキスする時にサメが、女の人の顔から男の人の顔へ移動するシーンとか
好きですね。










素晴らしい!その10

Rainbow Chan - Fruit

このビデオ好きなところが色々あって、まずRainbow Chanのファッションが全部可愛いのと
男女の恋を描いてるんですが、フルーツが効果的に使われてて、凄く甘酸っぱい感じになってるのと、香港とかバンコクっぽい香りがしてくるのとか、とても魅力的なビデオだと思います。
Rainbow Chanのこの顔、究極のブサカワだと思うのだが、みなさんはどう思うか。






素晴らしい!その11

Arai Tasuku - Mr. East Loves Mom

ちょっとホラーテイストの作品です。ノイズがかった曲なので映像もノイズがかっています。
ノイズの後ろにほのかに蠢く赤ちゃんや女の人のシルエットがゾクッとします。
時折、顔のようなものも見えるのですが、バグったような形が崩れていて不気味です。
はっきりとした怖いものを1つも出さずに、ここまで不気味な映像にできるのが凄い。









素晴らしい!その12

Shanti Celeste - Universal Glow

2010年代に入って映像ではサイバー系・インターネット系のものが流行りましたが、今年からは、そこからさらに一歩先にすすんで「デジタル」と「自然」という対極なものをミックスさせるのが徐々に増えだしてきました。
これもその1つでシンセとフルーツを組み合わせています。
色鮮やかで美しい映像がとても良いです。









素晴らしい!その13

Dub Thompson - No Time

どこかノスタルジーを感じさせる独特の映像美がとてもかっこよいです。
なんか、遠い昔にビデオでこんな映像を見せられたような気がする?っていう、記憶の奥底をくすぐられるような作品が好きなのですが、これとかがまさにそれです。





 
素晴らしい!その14

Warpaint - Disco//Very - Keep It Healthy

2014年、バンドのメンバーを最もかっこよく映し出したビデオだと思います。
バンドのメンバーが横に並んでる歩いてるだけなんですが、なんでこんなにかっこいいんでしょうね?
この4人の誰かになりたい!って思ってしまいます。
日本のバンドがやったらダサくなっちゃうんだろうな。








素晴らしい!その15

Shocking Pinks - St. Louis

色使い、くるくる回るようなカメラワーク、時折挟まれる文字のセンスも抜群です。
外国のアーティストのビデオなのに、たまに日本語が出てきます。
これを見ると、日本語ってかっこいいなと思います。













2014年12月21日日曜日

ベストYou Tubeビデオ大賞!!  2014年、凄かった動画15選


凄い!その1

ナムコ ロボットバンド PICPAC

プレイステーションソフト「ナムコミュージアム4」の中の特典ムービーです。
素敵ですが、どこか不気味で最高!






凄い!その2
こんぺいとう『ポップコーン・ハートブレイク』

伝説のアイドルデュオ、「こんぺいとう」の伝説の映像がアップされていました。
こんなに美少女で、こんなに可愛らしいのに、この数年後、二人ともヌードになります。
なかなかキツいものがあるっすね。でもこの映像と曲はパーフェクト。





 
凄い!その3

【藤岡】レトロゲームの宝庫「ビデオゲームミュージアムロボット」

ビデオミュージアムロボットは知る人ぞ知る、レトロゲームの殿堂ですね。
今年の6月に惜しまれながら閉店してしまったものの、その僅か数か月後、なかやまきんに君の筋肉留学ばりの早さで戻ってきます。
場所は群馬→埼玉に移動しました。






 凄い!その4

Baby goats choir

これは癒しの動画です。子ヤギは他の鳴き声に反応して自分も鳴く習性があります。
では、たくさんの子ヤギの群れの前で人間が「メー」と鳴くとどうなるのでしょうか!?





凄い!その5

天才志村動物園 チンパンジー興奮!発情!

こちらも動物ネタ。
山田ひなぎく(わかめぱっぱ a.k.a.マドモワゼル・マンコ or ひらたけ発見博士)に「凄い映像がある」と言われ、教えてもらった衝撃の映像。本当に凄いです。
これ、テレビで放送していいのかな?






凄い!その6

明るい未来/エリアンナfeat. YOU THE ROCK☆

2004年のエリアンナの曲のPVですね。ジャパニーズR&Bです。僕は小中学生の時は、SOULHEAD、MINMI、DOUBLE、ハーツデイルズとかそこら辺の女性R&Bを凄く聴いていて、それ以来2000年代のR&B入ったJ-POPが好きで、マジで普通にBENIIE KとかクリスタルケイとかもTSUTAYAとかで借りちゃう感じなんですが、この曲は聴くと今でも子供時代を思い出して、切なくなってしまい、ベスト3に入る大好きな曲です。
今回は紹介できないけど、他に聴いてほしいのは
リア・ディゾン「L.O.V.E U」 https://www.youtube.com/watch?v=BpgZkM3_E_Q
石田裕子「Changes」 https://www.youtube.com/watch?v=FpgDcFkGh6c
とか。とても良い曲です。
こういうのは音楽に造詣が無い人ほど(特にバンド好きの大学生とか)、ダサいみたいな感じで見てくるけど、大学生が聴いてるようなダサい邦楽ロックバンドよりもBENNIE Kとかの方がよっぽどかっこいいような気がするのだが?みなさんはどう思うか。




凄い!その7

【発狂BMS】 さわやか3組†leggendaria

これは音ゲーやってる人じゃないと面白さが伝わらいのかな?
音ゲーの超絶難度の曲を鬼譜面とか発狂譜面とか言うのですが、それとNHK教育のMADですね。
要は、さわやか3組を二寺でやってみるとめっちゃ難しいということです。









凄い!8

乃木坂46 『堀未央奈×秋葉陽児-予告編-』

これの堀ちゃんが可愛かったので。お気に入りです。
勘ですが、この子、性格はあまり良くないですね。
別に悪いわけでも無いでしょうが、とりあえずオタクが好みそうな清純で大人しい感じではないかと。そういうキャラだと認識されてるみたいですが。
ちなみに、僕の乃木坂好きランキングは

①樋口日奈 ②堀未央奈 ③鈴木絢音 ④深川麻衣 ⑤北野日奈子

が暫定です。















 
凄い!その9

Joaquin Phoenix's Forehead (Original)

これは解説が無いと最初なんのことだか分からないと思うのですが。
元々は映画のワンシーンで、シリアスな場面らしいのですが、
ベッドに横たわるこの俳優のおでこのシワが口に見えてきてしまって
顔を上下さかさまにして見ると、笑ってるように見えてしまうと。
あと、眉間のシワは鼻に見えますね!
それに気付いちゃったアップ主がもう笑いが止まらなくなっちゃってるという動画ですね。
もう、ツボにハマちゃって大爆笑しちゃってます。









 
凄い!その10

ひらりー Gets A Needle Shot

AKBの予防注射を撮影してるんですが、ひらりーこと平田りなちゃんが本気で注射怖がってギャンギャン泣いてるという映像です。この子に最近、ハマってて、挙動と声が可愛いんですよね。この子、帰国子女で、英語ペラペラでもはや半分外人なんですけど、それとこの子供っぽい泣きじゃくりはいいです。可愛いです。
僕は女性が泣いてるところが大好きっていう性癖があるので、それもあるのですが、良いです。
女性に言って欲しいセリフとは?っていう質問よくありますけど
僕だったら、女性には。ギャンギャン泣きじゃくりながら「もうヤダ!帰る!」ってわめいてほしいですね。








凄い!その11

Lissa - Mr. Sunshine

動画というよりは音だけですが、僕が大好きな曲が今年、You Tubeに上がっていたのでここで紹介します。リサという昭和のアーティストです。この浮遊感、凄いです。外人がカタコトで歌ってるからかな?





凄い!その12

IKKO「ダメよダメダメ~!」今田「無茶苦茶や…ルール無用や」

僕のIKKO好きはもう既に知れ渡ってるところだと思います。
好き過ぎて最近では「IKKO学」というものを立ち上げて、本気でIKKOについて学問しようかなと考えてるくらいです。
何が好きって、もう完全にルール無用なところで、もうまさに平成のキチガイオカマとして崇拝してるのですが、この映像も凄いですよね、本当に。
「どんだけ~!」も元々、IKKOさんのものじゃないのですが、使い倒して自分のものにしたっていう剛腕っぷり?やっぱすげぇよな、この人。笑えてきます。







凄い!その13

action.movieやってみた!

今、再生回数20回ですが、そのうちの15回は僕です。たぶん。
顔がいいよ。
やっぱ「顔がいい」に敵う「良さ」って無いと思いますよ。









 
凄い!その14

アメト----ク ヘン声芸人×アテレコ

スリムクラブの真栄田がクレヨンしんちゃんのアテレコをするとこうなります。
最初見た時、7分30秒くらい笑いが止まらなかったと思います。














凄い!その15

ちびまる子ちゃん 後半「たかしくん」の巻


「狂気」が見たけりゃこれを見ろ!と言ってもいいくらいヤバい、ちびまる子ちゃんの伝説の回。
いじめをテーマにした回で、クラスのいじめられっ子をまる子が守るっていう内容なのだが、
4分50秒あたりからが本当に凄いっす。
結構、精神的にクるぐらい壮絶ないじめシーンがあって、「あれ、まる子のクラスってこんなヤバお奴いるんだ?」って思っちゃいます。
で、まる子が止めに入るんですけど、いじめっ子が極悪すぎてまる子にも暴力をふるいます。
女の子を殴るって、もはや、いじめっ子とかじゃなくて、なんかそういう攻撃的な精神の病気なんじゃないかなぁ?正直、引きます。
でも、殴られる時のまる子のシーンは歴史に残る大爆笑ポイントです。
理由は無く、ただただ「まる子が殴られて吹っ飛んでる」という画が圧倒的に面白いだけです。
山田ひなぎくはこのシーンにひどく感銘を受け、あまりの感動から、そのまる子が殴られる瞬間をツイッターのアイコンにもしたほどです。(図1)



(図1) まる子が殴られるシーンをアイコンにした山田ひなぎく


まる子が殴られ、静まりかえる教室...。
無言でうずくまるまる子からだんだんとフェードアウトしていくカメラワーク...。
頭から流血するまる子...。(とそこに流れるピアノのメロディ...)
どん引きしちゃってるクラスメイト...。
あまりにシュールな光景の連続に頭の処理が追いつかない中で飛び込んでくる

ひえ~~~~~っ!
ズバリ流血でしょ~~~~~~~~ッ!


という、丸尾君の絶叫。
この瞬間にこの回が完全に伝説になりました。
凄い名言ですよね。
「ズバリ流血でしょう」ってセリフ、これからの人生言いますか?逆に聞きますか?
絶対無理でしょ。こんな面白いセリフ、マジでどうやったら思いつくんだろうか。

とどめを刺すように、フェードアウトしていく画面に、弱弱しくエコーがかった声で聞こえてくるまる子の

どこのお母さんもみんな泣いちゃうよ...

というもう何がなんだかよく分からないセリフ。
もう面白すぎて、涙流しながら笑って、本当に苦しくて、いっそ殺してくれって感じでした。







以上、2014年アップロードされた動画の中で特に、素晴らしいと思った15作品でした。